村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

5ブロック予選(4年生)

5月25日(日)萱田グラウンドで、県大会の5ブロック市内予選に出場しました。結果は、残念ながら1分け1敗リーグ3位で予選敗退となりました。

0-8 エスフェローザA

前夜から緊張してた選手も何人かいたようですがこれが県大会の重圧です。 試合開始早々浮き足立ってた子が多かったように見えましたがその中でもともたかが、フィールド全てを駆けまくってました。また、意外と冷静に、実力を発揮していたのはこうだいでした。本来こうだいにはフォワードで点を取って欲しいところですが試合の状況に合わせてストッパーもやって欲しいし経験して欲しい、なと思ってます。(中学で活きてくる) 一方的攻められ、重圧を感じるなか重圧に負けず果敢に攻めていたなきさもよく今後が楽しみです! 全体的には今まで、点が離れると諦めがちだった子供達が最後まで諦めず一点を取りにいった姿勢は今後に繋がる成果だと思います。今後の課題は詰めの早いチームに個で対応出来る対人を強化していきましょう。 MOMは、ともたか

4-4 スポルトイエロー(こうだいPK、かいせい→こうだい、こうだい、かずき→こうだい)

スポルト戦については、前半の3失点で正直なところチームは死んだかと思いました。が、今日はちょっと違いました。全員が「勝つぞ!」って気持ちが全面に出ていた気がします。 技術的なこと戦術的なこと判断力はまだまだこれからだと思います。 しかし少しずつではありますが、第三者の動き、連携プレーも出てきていたように感じました。 全員がフル出場とはいきませんでしたが一人ひとりのプレイは素晴らしいものがありました。 PKを含め4得点のこうだいが目立ちがちですが、まさと、ともたか、あきら、ゆうきのDFの頑張りとかいせいのワンフェイクをいれたスルーパスやゆずき、さとし、なぎさの長い距離を走る動き、身体を張ったかずきのGK。みんなの頑張りがあってのこうだいの4得点だと思っています。 MOM かずき [gallery]

© 村上サッカークラブ