村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

読売新聞杯(3年生)

10月24日(日)に読売新聞東京本社杯が開催されました。

【村上SC・A】 9:0 VS 成田FCナポリ(得点者ハヤト6、コウキ2、ジュンヤ1) 2:2 VS 大久保SC A(得点者ジュンヤ1、ハヤト1)

予選リーグ1位通過で決勝トーナメント進出!

決勝トーナメント1回戦 5:0 VS ときがねデビルズ(得点者ジュンヤ5) 決勝トーナメント2回戦 0:3 VS 川崎ウィングスFCレッド

残念ながら敗退しましたが、ベスト8です。1人1人がよく頑張りました。素晴らしい結果だと思います。 今回の大会で得られたことを自信に持って、これから続く大会も頑張りましょう。

【村上SC・B】 1:0 VS 船橋法典FC B(得点者ヒカル1) 7:0 VS クレンサFC B(得点者ヒカル3、コウヘイ2、イッキ1、レイ1) 0:2 VS 成田FCミラン

残念ながら決勝トーナメント進出ならず。

1年前の読売新聞杯と比べると、みんな上手くなったなぁ〜とシミジミと感じながら、今大会は、結果以上にたくさんの発見がありました。

まず、ケイスケのDFは素晴らしかったです。7月頃と比べるとまるで別人かのような動きだったね。サッカーは、体の大きさに関係ないから、もっと自信を持ってプレーしてごらん。元々、良い技術を持っているんだから。次の試合での君のプレーに注目しています!

同じDFとして目立ったのは、リキ、ショウタの2人でした。ゴールとボールの間に体を入れて、何度もピンチを防いでいました。これからは、ドリブル、キックの基本技術を練習していくと、もっと楽しいサッカーが出来ると思うよ。でも、君達ならすぐにできちゃうかもしれないね。

他に、ハヤト、ヒカル、ジュンヤ達は、相変わらず素晴らしい得点能力を持っていると思いました。中でも、ときがねデビルズ戦のジュンヤの5点目が印象的でした。相手DFのプレッシャーを肩で押し返しながらの体勢でシュートしたのはビックリしました。 みんなもどんな体勢からでもゴールを狙う気持ちを持って下さい。

コウヘイが試合で初めてフェイントが出来たとか、イッキが初めて点を取ったとか君達の自慢話をたくさん聞かせてもらいました。とても輝いた眼をしていたよ。これからも、自慢話をいっばい聞かせて下さい。楽しみに待ってます。

直前のケガで出場できなかったソラ、遠いところまで応援に駆け付けてくれてありがとう。早く良くなって、次の試合は一緒に出ようね。

保護者の皆様へ 早朝から、沢山の応援ありがとうございました。観客席からの大きな声援は、遠く離れてプレーする子供達にも十分届き、大きな力になりました。

でも、予選リーグ(特にAチーム)はハラハラ、ドキドキした試合が続いて、楽しかった(?)ですね。 そんなプレーをした子供達かっこよかったでしょう?子供達の自慢話をじっくり聞いてあげて下さい。きっとキラキラした眼で話をしてくれますよ。試合で頑張らない子供は1人もいないですからね。

© 村上サッカークラブ