村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

根郷カップ(6年生)

第19回根郷カップ 栄レインボーG

6月18日(土)根郷カップに参加してきました。

全21チーム参加で、予選ラウンドA~Gグループの1位のみ予選通過可能な厳しい大会です。

予選リーグ1試合目 【対千代田FC 0-1】

予選1試合目は、千代田FCとの対戦でした。

今日の課題は強豪チームに対して「走り負けない」をテーマに試合に臨みました。しかし試合開始早々の相手のロングボールに対処できず、相手FWにゴール右隅に流し込まれ先制点を許してしまいました。いつもはこれで意気消沈する場面でしたが、早いプレッシャーで相手のロングボールにも徐々に対処し、一進一退の展開に。その後は決定機を数回作ったものの得点は奪えず、逆に相手のカウンターに何度か肝を冷やす場面も。結局、開始早々の失点が最後まで響き、0-1で敗戦。課題である試合開始早々の浮き足立つ気持ちの弱さがそのまま試合結果に繋がってしまいました。しかしこの試合では、決してまだ十分ではありませんが、徐々にプレッシャーも強くなってきましたし、走り負けてはいなかったと思います。この悔しい敗戦を次に活かしましょう。 

予選リーグ2試合目【対泉台FC 1-0】

予選2試合目は、泉台FCとの対戦でした。

この試合は、序盤からプレスをかけ続け、村上ペースで試合が進みました。しかし、ドリブルなどの個人技で仕掛けるが単発の攻撃で終わることが多く、なかなか得点することができません。そんな中、モトキのドリブルが相手のファールを誘い、フリーキックのチャンスを得る。ここで抜群の決定力を誇るトワの無回転フリーキックをゴールキーパーが弾いたところをミツキが押し込み、待望の先取点を奪う。この1点を最後まで守り抜き、1-0で勝利しました。課題はこの試合では、バテた選手が何人か見られた事、攻撃に連動性がなく、シュート数も極端に少ない事が挙げられます。バテた選手はこれから迎える夏の大会に向けてスタミナをしっかりつける練習をしていこう。また得点力に関しては最近は特にセットプレーからしか得点できない傾向が見られ、みんなが声を掛け合って、ボールを持っている選手のフォローができるサッカーを目指していこう。

試合結果は1勝1敗でグループリーグ2位で残念ながら予選敗退でしたが、課題もたくさん見つかり収穫のあった大会でした。

またこの日は、成田ボレイロさんとのフレンドリーマッチも行うことができ、控えに回った選手達も試合をすることができました。試合結果は1-1の引き分けでしたが、コウスケのセンターバックとしての統率力、キヨトの突破力と決定力、それからコウキの体を張った守備など良いプレーがたくさん見られました。今後も自分の得意なプレーを積極的にやっていこう。但し、基礎練習も大事だからね。

最後に、村上東小が授業参観日であったにも関わらず、遠路まで応援に駆けつけてくれた父兄の皆様、ありがとうございました。思ったような結果はなかなか出ていませんが、日々試行錯誤しながら最善の練習を行っていきたいと思いますので、今後ともご支援宜しくお願いいたします。

© 村上サッカークラブ