村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

中志津杯(6年生)

中志津杯 11月20日(日)栄レインボー

今週は中志津杯に全員で参加してきました。 結果は、予選リーグ2位で残念ながら、来月の中志津チャンピオンシップに出場することは出来ませんでした。 前日の大雨でピッチの状態が心配されましたが、小さい子が水遊び、泥んこ遊びをするにはちょうど良いコンディションでした・・・(悲)。 しかし、条件は相手も同じ。このコンディションの中で、如何にピッチの状況を的確に把握して最善のプレーができるか、ある意味貴重な経験が出来たと思います。

予選リーグ1試合目 【対成田SSSイーグルス ○2-0】 (得点者:ワタル、ユウト)

予選1試合目はまず、ぬかるんだピッチでどれだけやれるか立ち上がりが不安でしたが、それを吹き飛ばしてくれたのがワタル。試合開始1分に中央からミドルを放つと、相手ゴール前で突然のイレギュラー。ピッチコンディションを逆手に取った見事なゴール!(相手には申し訳なかったですが) 先制はしましたが、その後は、ドリブルもパスも殆ど出来ず、ボールを運べない状況が続きましたが、それでも相手にチャンスを一切与えない展開で前半を終了。すると後半5分。右サイドをドリブル突破したヒロキの絶妙な折り返しをユウトが落ち着いて決めて2点目。ここで村上は一気にメンバーチェンジ。出場可能な選手全員が試合に出ることができました。その後も幾つかチャンスを作りましたが、追加点は奪えず結局2-0で勝利しました。

予選リーグ2試合目 【対上本郷SC ●1-3】 (億点:OG)

2試合目のお相手は成田イーグルスを同じく2-0で破った上本郷SC。立ち上がり村上は、厳しいプレスで積極的に攻撃を仕掛け、良い流れで試合に入りました。しかし、そこに落とし穴が待っていました。1試合目は殆ど攻められなかったこともあり、CBのボールタッチが少なかった分、彼らはピッチの感覚を掴みきれていませんでした。前半4分、相手がフィードしてきた何でもないボールをCBミツキがトラップミス。相手に拾われ、いきなり先制点を奪われる。取られたら取り返す!そういう気持ちが出ていましたが、今度は前半7分に相手のパスをカットしようとしたCBモトキがまさかの空振り。これも相手に拾われ、シュートたった2本で2点を献上。更に9分には前掛りになったところをカウンターで裏を取られて3失点目。自滅した格好で前半を0-3で終了。後半に入ると勢いを取り戻した村上が怒涛の反撃に出る。後半5分には左サイドを粘りながら突破したコウスケの折り返しが相手のOGを誘い1点を返す。更に攻め続けて決定機が何度もありましたが、この日大当たりの相手キーパーの連続好セーブとシュートミスにより、得点できず、そのまま試合終了。攻守ともにミスが目立った残念な試合結果となりました。しかし、確かに酷いピッチではありましたが、それに早く順応できなかったことが何よりの敗因です。良い経験になりましたね。

予選2位リーグ 【対市川真間SC ○1-0】(得点者:ワタル)

予選敗退が決まり消化試合となってしまいましたが、元気にプレーしました。負傷したハルキに代わりGKトワ。珍プレーの連続で、ある意味見ていて楽しい試合でした。この試合で頑張ったのは右サイドハーフのリョウタ君。フウヤからのパスを何度も得意のドリブルで突破を試みました。あとはセンタリングを上げるキック力があれば、チャンスをもっと作り出せると思います。それからCBに入ったカズ。鋭い読みと体を張った素晴らしいディフェンスでした。試合は後半5分、ユウトのコーナーキックをワタルがドンピシャで合わせ先制。そのまま1-0で勝利しました。この試合に出た選手達はそれぞれ課題が見つかったと思います。利き足でしかシュートを狙えない選手、次のプレーをイメージできていないので、ボールが来るとビックリしている選手、泥んこになるのがイヤで恐る恐る走る選手、前掛りになりすぎて失点しそうになった急造GKなど、笑えるプレーがたくさんありました。大会では敗退してしまいましたが、みんなが楽しくやれる試合もたまにあっても良いと思います。また気持ちを切り替えて、次の大会に臨みましょう。

最後に応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。優勝した次の大会だっただけに期待も大きかったと思いますが、これに懲りずに次の試合も応援宜しくお願いいたします!

© 村上サッカークラブ