村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

ゼビオカップ(6年生)

_1_2.JPG _2_2.JPG _3_2.JPG _4_2.JPG _5.JPG

2013/4/20(土)に栄レインボーグランドで2012年度のゼビオカップが行われました。 ◯村上ブルー 【2回戦】 vs 潮来SSS 0−13 ◯村上レッド 【2回戦】 vs エストゥーロ八千代B 得点者 ( ) はアシスト 4−1 シンノスケ(ハヤト) シンノスケ ヒカル ヒカル(シンノスケ) 【準々決勝】 vs 潮来SSS 2−1 シンノスケ(ハヤト) ヒカル(ハヤト) 【準決勝】 vs 大和田FC 5−1 シンノスケ(ハヤト) OG シュウタ(シンノスケ) ヒカル(シュウタ) シンノスケ 【決勝】 vs FC高津 3−1 シンノスケ ソウタ(シンノスケ) ヒカル(シンノスケ) 県大会に出場する2チームに分かれて参加しました。 結果はレッドが見事に優勝。 5年シュウタの活躍も含めて全員が最後まであきらめず戦った結果です。特に準々決勝の逆転勝ちは今後につながる良い試合でした。 まだまだポジションもメンバーも決めていません。一番調子が良いメンバー・チームが1番力を出せるポジションで県大会に挑みたいと考えています。 もっともっと自分をアピールして下さい。 ブルーは残念ながら初戦敗退でした。 帰る時にも話しましたが、結果でなく自分がどれだけチャレンジできたかを考えて下さい。1番チャレンジを続けていたのはキョウスケです。常に全力でプレーし最後まで走り続けていました。みんなももっと出来るはずです。あきらめて下を向いた時にゲームセットです。何点取られてもいくら失敗しても前を向いて全員でチャレンジして下さい。 (準々決勝の潮来SSSは後期のAリーグで優勝しているだけあり、良いチームでした。前の試合を見ていて技術もしっかりしていて、スピードがあるなと思いましたが、試合が始まると案の定押し込まれる場面が多く苦しい展開になりました。しかし、相手のスピードある攻撃陣を、GKジュンヤのナイスセーブ連発やイッキ、コウヘイなどのDF陣のがんばりで前半はなんとか0−0。後半7分過ぎに1点先制され苦しい展開が続きますが、攻撃陣が打開してくれました。ハヤトの技ありのループパスからシンノスケの同点弾、さらにリプレイを見るようにハヤトのループパスからヒカルが左足で逆転弾。最後は相手の猛攻をしのぎきり逆転勝ちを収めました。決勝では、ソウタがボールを持ってからの縦へのスピード、さらにはキーパーまでかわして得点する冷静さなど新たな一面を見せてくれました。全体を通じ、6ゴール4アシストのシンノスケ、5ゴールのヒカル、決勝でのハヤトのDFなど見事でした。 ゼビオリーグの1年を通じ、挨拶できたで賞はショウタ、元気でしたで賞はキョウスケでした。おめでとう!) 冬を思わせる寒さ、途中から小雨降るの中、朝早くから応援いただきましたサポーターの皆様、暖かいご声援をありがとうございます。

© 村上サッカークラブ