村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

北習杯準決勝トーナメント(2年生)

10月13日(日)北習杯準決勝トーナメントが行われました。 村上レッド(かずき、さとし、たけし、ともたか、ひかり、ひろと、ゆい、ゆうき、よしゆき)

1-1 FC MIYAMAEAST(得点 よしゆき) (PK 3-2 よしゆき、ともたか、さとし) 0-2 中野木FCビクトリー

今日もフォーメーションを決めて臨みました。 1回戦は得点チャンスが何度もありながら、なかなか1点がとられない展開。そんな中でも、メンバーそれぞれがボールを守りそして攻めた中で、最後、同点に追いついてPKでの勝利。ハラハラする展開でした。 2回戦は格上のチームとの対戦。しかし、ディフェンスを頑張りました。何度となく攻め込まれた中で、カズキのセーブで助けられました。一人が抜かれても二人目がカバーという市長杯から口酸っぱくいっていた形ができていました。結果として、0-2で負けましたが、チーム全体で底上げが図られていることを実感しました。 ヒロトは何度とくシュートチャンスにからみ、ちゃんとシュートをして終わっていました。タケシのボールへのあたりは今回も健在でした。 今回の優秀選手は、トモタカとヒカリです。トモタカのボールに執着する姿勢はチーム一でした。今回の大会の成果はトモタカがチームを引っ張った成果です。また、ヒカリは、常にコート全体を見渡し、どこに自分がいればよいか、何をすればよいかを常に考えていました。ボールを持った際も常にルックアップとフェイントができていました。今回はヒカリの成長を一番感じました。 これからも大会が続きます。メンバーそれぞれが何かをつかんで成長できればいいですね。 [gallery]

© 村上サッカークラブ