村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

トップページ

『村上サッカークラブ』は、1989年に村上小学校の特別クラブから地域のクラブとしてスタートしました。主に千葉県八千代市の村上地区の子どもたちが集まり、サッカーを通して心身を鍛え、豊かな人間性を養うことを目的として活動しています。
毎年8月に、市内・近隣都県からチームを招待して『村上杯少年サッカー大会』を主催しています。
交流試合にも数多く参加することによって、子どもたちは実践のプレーの中で多くの楽しさや感動を味わっています。

2019年度石井杯

 

最近の活動

ゼビオリーグ(5年生)

ゼビオリーグ(5年生)

 

10/26(土)総合グラウンド

10名(ユウセイ、マサ、グンジ、リョウジ、ジンセイ、リョウマ、カイト、ハルト、ショウ、オギ)

中志津SCさんとゼビオリーグを、リーグの後は会場提供してくださったエスフェローザさんと15分の練習試合も行いました。

 

(ゼビオリーグ)

中志津SC  ✕0-2

※今日の良かったところ

・「しつこさ」が良く出ていた。

とても大事かつやらなくてはいけない事なので継続してください。

  →相手からボールを奪うシーンがたくさん見れた。

  →積極的な守備が増え、数回インターセプトも成功した。

  →相手選手も自由にプレーできず未然にピンチを防げた。

※見えた課題

・「攻める時の人数を増やす」。

攻めのいろんな場面で勝つ確率を上げるには①プレーの質を高める②相手より優位に立ってのプレーが大事。相手の立場になって考えてみた時、人数を増やして攻められると、警戒しなくてはいけない、準備しなくてはならない事が増えるよね。いろんな場面での勝率が高くなるとシュートチャンスが増える事を理解しましょう。

  →2対1を作れれば相手はドリブル、パスの両方を警戒しなくてはいけない。

  →3人なら「三角形」になるので相手は縦横の両方を守らないといけない。

  →もっと増えたらコートを広く使えるので相手もたくさん見るところが増える。

・「スタミナが足りない」。

今後6年生になると試合時間が30分から40分に増えていきます。技術を高めるのは当然として、その技術を試合の初めから終わりまでレベルを落とさず出すにはある程度のスタミナが必要になってきます。また、”疲れた時のあと一歩”が出るには普段の練習で一所懸命にやってきた自信が後押ししてくれます。といったところで、まだ物足りなさを感じました。サッカーの練習の時だけでなく、普段の学校や放課後でも良く走って遊ぶ事が近道だと思います。

中志津さんとは1年前の試合では0-4でした。結果、内容ともに成長を見せてくれました。今日の内容でいつも試合に臨めるよう、普段の練習の質を高めていきましょう。

 

会場提供してくださったエスフェローザさん、有難うございました。

サポーターの皆様も応援有難うございました。

準優勝! 八千代市民大会(幼稚園)

f:id:msc-blog:20191018211302j:plain
10月14日(月・祝)、八千代スポーツガーデンにて、八千代市民大会に幼稚園生が参加しました。
最近、急激に増加中の幼稚園生ですが、さまざまな理由から参加した選手は、半分以下でした。
雨が降り、寒い中でしたが、みんな一生懸命に走ってました。結果は、準優勝。
でも最後は、とても良い笑顔を見ることができました。これからも楽しくサッカーをしていきましょう!
f:id:msc-blog:20191018211325j:plain
f:id:msc-blog:20191018211342j:plain
f:id:msc-blog:20191018211403j:plain
f:id:msc-blog:20191018211419j:plain
f:id:msc-blog:20191018211436j:plain

市民大会(5年生)

f:id:msc-blog:20190922224748j:plain


市民大会(5年生)

9月22日(日)曇り 総合グラウンド

 

市民大会に参加しました。残念ながら0勝2敗で予選リーグ敗退でした。

①FC高津 ✕0-6

②エスフェローザ八千代A ✕0-7

自分では「頑張った」と思っても自分が望む結果が出ない、対戦相手との差は開いているようだ、そんな状況を変えるためにこれからどうしていくべきかを本気で考える時だと思います。

毎回同じ失点パターンを繰り返すのはなぜか?試合が終わったらその失点シーンを思い出せるか?同じ事を繰り返さないための工夫、努力を練習で意識してきたか?もう一度今までの自分を振り返って欲しい。

試合前に皆で決めて目標にしたプレーの出来栄えはどうだった?コーチから良くできたと言われた?まだまだだと言われた?一日の中で目標のプレーのレベルアップを意識していたか?

ベンチの仕事は何なのか?良いチームはベンチに活気がある。活気はピッチ内のプレーヤーにやる気、勇気を与える事ができる。ベンチにいた時に味方プレーヤーにどれだけ声かけできていたか?

差が縮まらないという事は自分たちの頑張りはまだ足りていないと考えるべき。自分の頑張れる限界を低く考え過ぎ。自分の思う限界のさらに先をいつもめざして欲しい。それができないと他チームとの差は縮まるはずはない。そんな気持ちが見えるような練習の姿を見せて欲しい。

今までの自分を超えるためにどうすべきか?いろいろ答えはあると思うので、今一度考えてみてほしい。お父さん、お母さんに聞いてみてもいいし、コーチに聞いてもいい。

ちなみにコーチから言いたい事は「限られた練習時間を有効に使って欲しい」です。遅刻をなくす、行動を早くする、集中して話を聞く、他のみんなに迷惑を掛けない、等々あたり前の事です。

 

いろいろ書きましたが、今日の悔しさをもとにして、もっと本気でサッカーに取り組んで下さい。変わりましょう!!!

練習試合(5年生)

 

練習試合(5年生)

 

8/31(土)上高野グラウンド

 

ソレイユ明青さんのお誘いで練習試合を行いました(5、4年生合同)。

5年生はチームの目当ての確認と徹底、4年生は翌日の市民大会に向けて良い準備ができることを意識してプレーしました。とても暑い中、良く頑張りました。

 

ソレイユ明青の皆様、本日はお誘い頂き有難うございました。またお願い致します。

第28回村上杯(5年生)

 

 

f:id:msc-blog:20190902094401j:plain

 

第28回村上杯(5年生)

8/10(土)、8/11(日)晴れ 萱田グラウンド( 8人制  15-5-15)

 

村上杯に村上ブルーで参加しました(5年生+4年生+3年生)。

 

8/10(土)予選リーグ

①東伊興SSS ✕0-9

②鷺沼SC    ✕0-10  ⇒3位トーナメントへ

8/11(日)3位トーナメント

①FC八千代台キッカーズ ◯2-2(PK2-0)(オギ、3年ハル)

②ソレイユ明青ドミンゴ  ✕0-5

 

今後も上級生の大会に参加する事が増えると思います。今回のようにチャレンジする気持ちを持って頑張りましょう!

 

サポーターの皆様、応援、お手伝い有難うございました。

 

f:id:msc-blog:20190902094652j:plain

f:id:msc-blog:20190902094706j:plain

f:id:msc-blog:20190902094712j:plain

第28回村上杯少年サッカー大会

f:id:murakami-sc:20190812104554j:plain

 

ご参加ありがとうございました

『第28回村上杯少年サッカー大会』も二日間の試合が無事終了できました。 遅くなりましたが、結果をご報告いたします。

子どもたちがハツラツとプレーができるように、大会準備をさせていただきましたが、本年の大会も皆様方のご協力によりすべてが無事終了いたしました。参加されたチームのご支援に心より感謝いたします。不備な点がありご迷惑かけてしまったことなど、反省し次回に繋げるよう努めます。 ご参加いただきましたクラブ・団のますますのご健闘をお祈りし、御礼のあいさつといたします。ありがとうございました。

© 村上サッカークラブ