村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

バレンタインカップ(3年生)

2/8、11に、セレス成田主催のバレンタインカップに参加しました。 予選の途中で雨で延期となり、2日かけて行われました。

レッド(まさと、こうだい、さとし、ともたか、かいせい、よしゆき) 予選 8-0 セレステ成田パトリオット(こうだい、こうだい、まさと、まさと、さとし、ともたか、こうだい→かいせい、かいせい) 13-0 我孫子翼レアル(さとし、まさと→さとし、まさと、ともたか→かいせい、まさと、ともたか、かいせい→まさと、かいせい、ともたか→かいせい、かいせい→まさと、ともたか、かいせい、まさと→かいせい) 2-1 延方SS(さとし、まさと) 一位トーナメント 4-1 谷津ゼウス(さとし、さとし→まさと、まさと→さとし、よしゆき) 0-2 FCウイング 三位決定戦 1-2 ユーカリSC(さとし→よしゆき) 4位!

ブルー(あきら、てん、ひかり、ひろと、ゆうき、なな、なぎさ) 予選 1-8 ユーカリSC(てん) 0-10 茂原WEST 1-1 新木やまとルフィー(あきら) 四位トーナメント 1-3 成田SSSフェニックス(あきら) 3-0 我孫子翼レアル(ゆうき、ゆうき、あきら)

レッドはリーグ戦の2試合が大量点でリズムが狂ってしまった感じで完全に個の4人が点を取りたくてドリブルで果敢に攻める姿勢は良いのだが取られた後は仲間にお任せ状態で、完全に足元しか見えてないプレーが多かった。シュートコースが完全に封鎖されているのに回りが見えてないからプレッシャー感じると取り合えずシュート撃っとけ、みたいなプレーが目に付きました。ディフェンスと一発で飛び込むことが多く、ともたかが苦労してました。準決勝は完全に冷静さを失い逃げのパスが多かった。 しかしその中でもまさとの視の広さは頭が下がりました。 しかし、32チーム中の4位は素晴らしい結果です。自信を持って次は一つ上に上がれるように努力しましょう。 MOMは、まさとです。 ブルーは、予選は強豪ばかりのリーグに入ってしまい2試合は大量点を取られてしまったが守りを固めるのではなく点を取るために果敢に攻めまくりました。結果ディフェンスが薄くなり大量失点になってしまったのですが、焦らず、腐らず、点を取りに行く姿勢はレッドの子達も見習って欲しいです。 攻守の切替の早さはレッド以上でした。 今回の大会は女の子達の成長!活躍が大変目立ちましたがその中でもてん、ひろと、あきら、ゆうき、の陰のプレーがあったからこそですね。 MOMひかりです。最近サイドハーフに目覚めていたひかりだがセンターバックの時には本来のひかりの良さが噴き出しました。 [gallery]

© 村上サッカークラブ