村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

八千代市長杯(4年生)

11月3日(土)萱田多目的グランドで4年生の第32回八千代市長杯にA・B2チームで参加してきました。やはり11月となってまさに秋。晴れてはいましたが、少し肌寒く感じる一日でした。しかし、選手達には全く関係なく、みんな元気いっぱいで良く頑張りました。

Aチーム

1回戦 対チームスポルト八千代ホワイト 5対1

(得点者:しゅうた2、りんたろう、なぎや、はるのぶ)

2回戦 対エスフェローザ八千代A 0対4

Bチーム

1回戦 対チームスポルト八千代イエロー 0対6

両チームとも残念ながら敗退しました。この大会にコーチ陣は少し力を入れていましたので結果は残念でなりません。しかし、春のクラブ選手権の敗退内容からすれば、ものすごい進歩だと思います。一人一人が少しずつ力をつけたことは明らかで、これから先のチーム内の競争を含め、選手達の意欲に期待していきたいとも思いました。

技術的なことよりも今日もコーチ達に日常の生活態度のことでかなり怒られましたね。何度も言われないようにしていきましょう。選手達各自の気持ちの問題です。キャプテンを中心に大会の時は気持ちを一つにして試合に挑むようにもしていきましょう。

Aチームはディフェンス陣の頑張りが目につきました。2回戦の前半までは大変いい流れでしたが、後半少し肉体的にも精神的にも疲れてしまったようですね。これをいい糧として強いチームといい試合をするには何が必要か?を選手達みんなで考えていきましょう。

Bチームは練習試合などでだいぶ試合慣れして、個々の選手達の意識はかなりレベルアップしてきた印象です。自陣に長い時間攻められて厳しい展開でしたが、悪くない内容でした。

試合後ほとんどの選手が今日の感想で「楽しかった」と言いました。その気持ちが何よりも大事だと思います。今日よりももっと満足してもらうように我々コーチ陣は手助けしていきます。

最後に朝早くから寒い中、大勢のサポーターの皆様の応援に感謝いたします。今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

© 村上サッカークラブ