村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

ゼビオリーグ(5年生)

7月24日(日)印西牧の原小学校にてゼビオリーグ第3節に8人で参加しました。 (ゆうき、さとし、とうあ、とうあ、なぎさ、たくや、こうだい、かいせい) 昨日の練習の成果を出すべく臨みましたが、結果は、1敗1分け。

1-4 勝田台(かいせい) MOM かいせい

1-1 印西(さとし→かいせい) MOM かいせい

1試合目は完敗でした。ゴール前に固まって全員で守るという意識をもって臨みましたが、結果は完敗でした。コンパクトにならなければならない中、バイタルエリアに空間ができてしまい、そこに簡単にパスが通ってしまうという展開でした。この試合で「全員で守る」という意味はみんな分かったのではないでしょうか。 仮にフォアードがディフェンスで抜かれたら、ゴール前まで全力で戻りガードする。抜かれた人が責任もって最後までディフェンスする。という意識が必要です。 ただ、後半にかいせいのドリブル突破からの1点は見事でした。相手のコーチも絶賛してましたよ。 2試合目は、前半に1点を入れて、それを守り続ける展開。後半ロスタイムで、不運な1点で同点となりましたが、みんなの動きはよかった。 不運な1点が問題ではなく、追加点が取れなかったのが問題ですね。やはり、シュートを打たないと点は入りません。シュートするという気持ちは常に忘れないでください。

終わった後に子供たちみんなから、反省点と夏休みの練習の目標を聞きました。みんな、それぞれ直さなければならない点は、理解していました。コーチが思っている個々のウィークポイントと同じでした。ですので、目標は一緒です。これからしばらく練習が続きますが、「直すべき点」を常に意識して練習に臨みましょう。 [Best_Wordpress_Gallery id="25" gal_title="20160724"]

© 村上サッカークラブ