村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

美浜カップ予選リーグ(6年生)

7月23(土) 美浜カップ  美浜区幸第二小学校

今週は美浜カップ(23日予選リーグ)に参加してきました。 この大会は県外チームも含めて36チーム参加の大きな大会です。 12ブロックに分かれて予選リーグとグループ1位同士の決定戦を行い、残った6チームが翌日の決勝リーグに進むことができます。

予選リーグ1試合目 【対高洲コスモス ○2-0】(得点:カズノリ2)

合宿後の最初の試合で、充実した合宿の成果が出るか楽しみでしたが、前半は何故か消極的なプレーを繰り返し、自分達のサッカーが全然できないまま終了。それでも後半4分、右サイドからのパスを受けたトワがシュート。こぼれたところをカズノリが押し込んで先制。後半15分にはヒロキが右サイドを突破し、キーパーもかわしてシュートするもゴールポスト・・・。しかし、またもカズノリがファーサイドに詰めており、2点目を挙げる。これで勝負を決定づけたものの、特に前半は得意のドリブルを封印し、プレスもかけず、淡々と試合をしていたのが非常に気になりました。玉離れを早くすることとドリブルをしないことは違います。こんなつまんないサッカーは君達のサッカーではありません。もっとアグレッシブで楽しいサッカーをしよう。

予選リーグ2試合目 【対コレーガFC(練馬区) ○2-1】得点:ワタル、カズノリ)

2試合目は前の試合を反省し、「走る」をテーマに臨みました。すると前半3分にユウトのコーナーキックをワタルが押し込み先制!幸先の良いスタートを切ったと思われました。ところが前半14分に大事件が発生。相手FWに一瞬のスキを突かれてキーパーと一対一に。CBリョウがスライディングで阻止しようとしましたが、フォローが少し遅れたため、後ろからのチャージとなりPKを献上。更に、一発レッドというおまけ付き。号泣してベンチに戻ってくるリョウをよそに冷静にPKを決められ同点。10人となり一気に劣勢な状況となりましたが、これで逆にチーム一丸となって戦うことができました。後半開始3分にはトワが中央から絶妙なスルーパス。抜け出したカズノリがキーパーをかわして、無人のゴールに流し込み10人の村上が再びリード!その後は相手のスピードと強いプレスで再三ピンチを招いたが必死のディフェンスでしのぎ切り、価値ある勝利でグループ1位を決めました。退場したリョウのためにも絶対負けられない試合でしたが、控えの選手達も含めた全員の勝利です。コーチ達も久しぶりに燃えました。

予選Cブロック1位決定戦 【対矢切FC ○2-0】(得点:カズノリ、トワ)

別リーグを勝ち抜いてきた基礎がしっかりしている強豪が相手でしたが、この試合は前の試合の勢いをそのままに、序盤からボールを支配しました。前半20分にはモトキからのパスをこの日絶好調のカズノリが決めて先制すると、後半開始30秒には、ドリブルで仕掛けたユウトがファールを誘い、このフリーキックをトワが豪快に決めて2点をリードする。その後も中盤を支配し、会心の試合運びでブロック1位突破を決めた。ただ、この試合ではトラップミスやパスミスも目立ち、改めて基礎練習の大切さを実感させられました。 君達はまだまだ強くなれるよ。さあ、明日は更なる強敵が待ち受ける決勝リーグです。自分達の力を全部出し切って悔いのない試合をしよう。

© 村上サッカークラブ