村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

読売杯(2年生)

2015/10/25(日)成田市中台運動公園にて第22回読売新聞東京本社杯少年サッカー大会が行われました。 2年生12名の選手が参加しました。 試合形式は6人制(8分1本)

■村上A(オウタロウ、カズマ、ショウタロウ、ホウセイ、ユウリ、リヒト) 【1次予選リーグ】 ①vs 成田FC 2 – 0 ユウリ、ユウリ

②vs FCあさひ 1 – 0 ホウセイ

③vs 水郷SSS 1 – 1 リヒト

④vs 千代田ライガー 0 – 1

【1次予選2位リーグ】 ⑤vs 白銀T-REX 0 – 0

⑥vs 七栄FC 0 – 4

【1次予選2位・2次予選3位リーグ】 ⑦vs 成田SSS スペード 1 – 0 ユウリ

⑧vs 光J.Eggs FC ギラギラ 0 – 1

s-DSCF2813s-DSCF2833

1日で8試合の長丁場ということで、「最後まで元気に楽しくサッカーしよう」を心がけて大会にのぞみました。 早朝の集合、クルマでの移動、大会での緊張、などコーチは気にしていたのですが、選手たちはにこにこ笑顔でピッチに入っていきました。

今日はみんなのいいところがたくさん出てたね。 相手ドリブルがはじまりそうなピンチの直前。すぐに気づいて、まずリヒトやカズマが当たりにいって、相手をおくらせてくれました。 相手ドリブルがはじまってしまって攻めこまれそうな場面では、ホウセイやオウタロウが足の速さをいかして追いつき、相手に当たっていってくれました。 相手の攻撃をおくらせたあとはみんなでボールをうばいに行きます。そのとき、ユウリやショウタロウはまわりを見て、パスコースやシュートコースをふさいだり、次の攻撃にそなえたり、バランスを考えてうごいてくれました。

今日は全員がかなり長いドリブルをして、シュートまで行くことができてたね。 誰かがドリブルで攻めこんでいるときに、ゴール前に走りこむ選手がいたり、うしろからついていってフォローする選手がいたり、みんながいろいろと考えてうごいていました。 ただ、シュートはたくさん打てたけど相手キーパーにとられる場面も多かったです。キーパーがとれないところへシュートすることができればもっといっぱい点がとれるよ。練習でシュートするときにもねらった場所へシュートできるようにたくさん練習しようね。

声かけもすばらしかったです。相手キックインの場面で、マーク!マーク!というだけでなく、マークがはずれている相手を指さしながら「カズマ、そっちマークして!」など的確な声かけがたくさん聞こえました。まわりが見えていないと出せない声だね。 点を取られたときもみんながキーパーに「ドンマイ!だいじょうぶだよ!」と言ってくれたので、キーパーの選手がしょげてしまうことなく、6試合目以外は最大1失点におさえられました。 (6試合目の相手は遠くからキーパーの手の届かない高さへのシュートを打てる選手がいました。)

もうひとつの課題は、ボールをとったあとの動きです。 「とるぞ、とるぞ、とった、とった、、、えっとどうしようか」じゃなくて 「とるぞ、とったら右が広いからあっちにドリブルしよう、とった、ドリブルだ!」 というようにいつも少し未来のことを考えながらプレーするようにできるとサッカーがもっと楽しくなるよ

最後の試合が終わったあとの「楽しかった!もっとサッカーしたい!」のことばがコーチはとてもうれしかったです。

■村上B(イツキ、ケンシン、ケンスケ、ソウゴ、ユウタ、レオ) 【1次予選リーグ】 ①vs FCライズ イエロー 1 – 4 レオ

②vs 木刈FC B 2 – 0 ケンシン、レオ

③vs 成田SSS スペード 0 – 0

④vs 三里塚FC ウィングス 0 – 0

【1次予選4位リーグ】 ⑤vs 大和田FCアズーリ 1 – 0 ケンシン

⑥vs 酒々井FC B 1 – 1 ケンシン

【1次予選4位・2次予選1位リーグ】 ⑦vs 成田FC 1 – 0 ケンシン

⑧vs ときがねFC 0 – 4

s-DSCF2820s-DSCF2823

まずは朝早くから8試合がんばりました。 よく遊びました。 結果、トータル3勝3敗2分け。 内容は、というか率直な感想はウチのチームはまだまだアマアマですな、というのが正直なところです。 試合待ちの間はどこのチームもワイワイ楽しく騒いで遊んでとやってますが、試合になると顔つきが変わるチームが多かったように思います。 開始の笛がなっても気持ちが切り替わってないのか、最初の1歩がいつも遅く最後の試合までそれは変わりませんでした。

今日は何をしにきたの? 気持ちは切り替えられた? 試合が始まったら何をする? 問いかけにはスラスラと答えられるようになりました。 確かに長丁場でしたが条件は皆一緒です。 ウチのコーチたちは怒鳴ってまで指示をだしません、いつもいってるよね、やるのは君たちだよって。なるべく自主性を重んじて指導しているつもりです。 結果はともかく、サッカーの試合に挑む雰囲気じゃなかったですね。コーチのハッパかけも全て空振りでした。

まだ2年生だしな~、一長一短あるよな~、と自分に言い聞かせながらも悶々としてます。。。 ここはひとつ気持ちを切り替えてまた練習、大会とやって行きましょう!

キモチヲキリカエル... ケッコウムズカシイデスネ...

最後に サポーターの皆様、朝早くから夕方遅くまで、車出し・応援などお疲れ様でした。ありがとうございました。 体調不良で来られなかった選手たち、ゆっくり休んで元気になってね!

© 村上サッカークラブ