村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

第1回ロックアイスカップ(4年生)

2017/10/01(日)八千代スポーツガーデンにて第1回ロックアイスカップが行われました。 4年生12名の選手が参加しました。 試合形式は5人制(8分)

久しぶりに5人制で8分1本のミニサッカーでした。 次の日が市民大会なので、キャプテン(ソウゴとユウリ)だけコーチが決めさせてもらって、 チーム分け、アップ、時間管理、交代やポジションなどすべて選手に任せました。

ポジション決め、1分ぐらいでサッと決まったユウリキャプテンの村上ユナイテッド。 一方、「オレ明日ずっとキーパーだから今日やんねー(タイシ)」「わかった、わかった、わかったってば(みんな)」となかなか決まらないソウゴキャプテンのジェフ村上。 試合の前から、まったく違う特徴を見せる2チームでした。

■ジェフ村上(カケル、ケンスケ、ソウゴ、タイシ、リヒト、レオ) 予選リーグ vs 米本SC 4 - 0 リヒト、タイシ、ケンスケ、タイシ

vs ポカルスA 0 - 1

vs 大和田FCちぇるしー 0 - 1 予選3位で3位トーナメントへ

3位トーナメント vs 大和田FCゆないてっど 2 - 1 レオ、ケンスケ

vs 村上ユナイテッド 0 - 2

3位トーナメント準優勝

20171001_01

ボールに先にさわる、味方が持ったら前に行く、取られたらみんなで取り返すが徹底されていて見ていて面白いサッカーだったよ。 ループパスなどいろんなアイデアがあったりもしたね。 チーム全員が「ケンスケは前に走ってるでしょ」と思って顔をあげてケンスケを探す。 レオがドリブルはじめたら「レオならかわせる」と全員あがる。 こういう仲間同士の心のつながりが見えるプレーが多かったと思います。 だからこそガンガン攻めれたんだよ。2戦目も3戦目もアンラッキーな失点で負けてしまったけど、相手よりジェフ村上の方がシュートが多かったよね。決めきれなかったことは反省点として、今後改善しましょう。

特に褒めたいのはキャプテンソウゴ。ベンチにいてもキーパーでも仲間に対する元気の出る声かけすばらしかったです。そして、時間通りにチームを連れてコートにやってくるまとめ役としての役割もきちんとやっていました。

■村上ユナイテッド(カズマ、ケンシン、ショウタロウ、ナルミツ、リョウスケ、ユウリ) vs 大和田FCれある 0 - 3

vs エストゥーロ八千代ピンク 0 - 1

vs こてはし台SC 1 - 0 ショウタロウ 予選3位で3位トーナメントへ

3位トーナメント vs ソレイユ明青 1 - 0 ユウリ

vs ジェフ村上 2 - 0 ショウタロウ、ユウリ

3位トーナメント優勝

20171001_02

足元の技術が高い選手が集まったユナイテッドチーム。だけど、プレーも声かけもいつもよりおとなしかったね。 緊張したかな?相手にビビったかな?心が押されているときは、まず動いてみよう。 気持ちがないと動けないというのはよく言われることだけど、動かないと気持ちが入らないというのもあるからね。 味方の攻撃のときに、うしろでフォローするのはいいことだけど、その人数や場所のことも考えましょう。 それと前に走りこんでおとりになってあげるのも立派なフォローだよ。 ちょっとうまくいってないなと思ったら違うプレーをしてみる勇気を持ってください。

リョウスケ、よくがんばってたね。最後まであきらめずにボールをおいかけていたので、相手がすごく攻撃しづらくて困ってたよ。すばらしいです。

両チームとも予選リーグ3位。3位トーナメント1戦目も勝利して、3位トーナメント決勝は村上対決になりました。 攻めまくって7,8本シュートを打ったジェフ村上でしたが枠をとらえられず、キックインとカウンターで2点を決めた村上ユナイテッドが勝ちました。両チームとも5試合よく走りました。

20171001_04

試合のあとはドリブル競争とじゃんけん大会がありました。 ドリブル競争の説明をされたあと、 「え?ひとり10回やんの?」と言った村上SCの選手に気がついたジェフ千葉の太郎コーチに、「だいじょぶか?チームで10回だかんな。村上だけわかってねぇよ、やべぇな(笑)」とツッコまれてたね。コーチも父母たちも大ウケでした。

20171001_03

大会運営していただいたジェフ千葉市原のみなさまありがとうございました。試合の合間にドリブルの相手などしていただいて子どもたちもとても楽しんでいました。 主催のロックアイスのみなさま、とても楽しい大会でした。ありがとうございました。 サポーターのみなさま、本日も熱い応援ありがとうございました。

文:池田コーチ

© 村上サッカークラブ