村上サッカークラブ

千葉県八千代市サッカー協会4種所属のサッカークラブ

市長杯(1年生)

10月11日(月・祝)に市長杯が行われました

【村上A】

6-0 八千代ゴールデン

6-2 スポルトC      

決勝進出

【村上B】

1-2 明星

1-4 高津B

2-4 キッカーズA

決勝進出ならず

みんな確実に力をつけています

みんな確実に意識が高まっています

きっかけは、数週間前の練習時に、数人の子供達から「ボールにがんがん行くだけなのは嫌だ」という相談からだった

「目の前のボールを蹴るだけ」の関心から、「シュートやサッカーそのもの」へ意識が移った証拠だ       (子供達の関心はいつも一つではなく、人によっても・状況によっても異なるので、「関心があるからサッカーはこうなる」「関心があると自然にこういうスタイルだ」という決まりがないので、注意深く観察する必要がある)

密集を避け、空いてるスペースを探し、思いっきりドリブル突破からシュートへ!

練習では、相談を受けてから「どんなプレーをしたいか?」という意見交換を頻繁に行い

「下がってみよう」「少し離れてみよう」という個々の子供達へ個別のアドバイスを実践

結果「気持ちよくサッカーができた」「自分の思い通りになった」という感想が出た

いろいろなプレーを体験させることで、プレーにも幅やゆとりが出て、成長を実感させてくれた

今回の試合でも、ただ自然の流れを大切にするのではなく、良いプレー・良い判断・勇気などを見つけて、すべて褒めることに徹した

「コーチの考える素晴らしいサッカー」ではなく、「コーチの好きなサッカー」でもなく

コーチとして「勝たせたい意識もなく」、ただひたすらに、

「子供の成長に合わせたサッカー」ができた結果だと感じています

これからも個々の子供達の成長を目指すべく、トレーニングを積んでいこう

たくさんの応援団に囲まれて、天候に恵まれ、試合相手チームにも恵まれ

本当に成長を実感できた一日でした

他の学年のコーチの方々の応援を得て、「応援が気持ち良かった」と子供自身が言ってました

応援団の皆さまありがとうございました

© 村上サッカークラブ